鹿児島市で助成金申請代行に強い社労士事務所 無料助成金診断は
こちらをクリック

【再入社のメリットを深掘り】社員の安心感や意欲が向上!

前回は、再入社制度が増加している現状を紹介しました。今回は、再入社のメリットをさらに深掘りしたいと思います。社員・企業の双方に対するメリットを紹介するため、ぜひ、導入を検討する際の参考にしてください。
(参考:厚労省HP

 

社員に心理的安心を与える効果が

再入社制度の実施は、社員に「新たな挑戦をしても大丈夫」と安心感を与えます。さらに、心理的に余裕が生まれることで、仕事に対する意欲が高まる効果も期待できるでしょう。

 
結果として、組織の生産性向上につながります。

 

外部の知見を持ち帰ってくれる効果も期待できる

一度外部の企業を経験していることで、他業界の知見や、他社と比べた自社の評価を持ち帰ってくれることも期待できます。

 
また、面接でのメリットも大きいでしょう。「社風に合うか」は面接で見抜きにくい部分ですが、再入社社員は、自社にフィットすることを確認できています。

 

リスクも理解したうえで再入社制度の導入を検討しよう

メリットが大きい再入社制度ですが、リスクも考えられます。たとえば、再入社制度に頼り過ぎると、人材の多様性に欠ける可能性があります。

 
また、ただ何となく制度を導入すると、「辞めても戻ってこれる」と転職での保険的な目的で利用する社員も出てくるでしょう。再入社制度を導入する際は、特定のルールを設定するなど、リスクを防止する取り組みも重要です。

 
社会保険労務士法人アンブレラでは、再入社制度の構築についてサポートいたします。相談料は無料なので、気軽にご相談ください。
 助成金の相談はこちら