鹿児島市で助成金申請代行に強い社労士事務所 無料助成金診断は
こちらをクリック

【コロナ禍における人材活用】中小企業向けの人材シェア支援も!

今回は、コロナ禍における人材活用についてご紹介します。中小企業事業所の皆さまおいては、新型コロナウイルスの影響から、雇用調整に悩んでいるケースもあるのではないでしょうか。

 
中小企業向けの人材シェア支援も紹介するため、皆さまの企業における雇用調整の参考となれば幸いです。

 

ANAの社員が市役所や県庁に!

千葉県船橋市では、エアージャパン(ANAグループ)の客室乗務員6名を、非常勤職員として採用しています。乗務員として身に付けた語学力や接客能力を活かして外国人対応を中心に活躍中です。

 
神奈川県でも、ANAの社員を非常勤職員として採用。新型コロナウイルス関連の電話業務やデータ入力業務に従事しています。

 
さらに、電話対応代行のうるるでは、コロナの影響で仕事を探している人を、在宅オペレーターとして採用。異業種からの人材受け入れは、各地で進んでいます。

 

政府では中小企業の人材シェアを後押し

中小企業の人材シェアを仲介するサイト「広域関東de人材シェア!」を立ち上げたのは、関東経済産業局。実際に、9社が人材の送り出しを、150社以上が受け入れを希望しています。(2021年2月16日時点)

 
中小企業は、組織の規模的に独自での人材シェアは難しいでしょう。このような支援制度の利用は、人材活用のための有効な手段となっています。

 

人材シェア支援の利用も選択肢のひとつとして検討を

中小企業事業所の皆さまにおいても、余剰人員または人材不足に頭を悩ませているケースがあるのではないでしょうか。今回ご紹介した「広域関東de人材シェア!」のほかに、各自治体や民間企業等においても、人材シェア支援を実施しています。

 
コロナ禍における雇用調整の方法として、人材シェア支援の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

 
社会保険労務士法人アンブレラでは、人事に関するお悩み相談も受け付けております。相談無料で、スポット契約も可能であるため、人員整理にお悩みの場合は気軽にご相談ください。
 助成金の相談はこちら