鹿児島市で助成金申請代行に強い社労士事務所 無料助成金診断は
こちらをクリック

【正社員の手当をカットする企業が増加】訴訟になるケースも

今回は、同一労働同一賃金を背景に正社員の手当を削る企業が増加している現状を解説します。

 

注意点も紹介するため、自社における取り組みの参考にしてください。

 

正社員の手当削減が訴訟に発展するケースも

同一労働同一賃金に対応するために、正社員の手当をカットしようとする企業が増加しています。

 

「格差を是正するため」とはいえ、正社員にとってデメリットが大きいこの対応には、批判の声も少なくありません。

実際に、従業員側の反発から訴訟に発展するケースもあります。

 

「不利益変更の合理性」が焦点

正社員の手当が正当かどうかを判断するには、「不利益変更の合理性」が焦点になります。

 

労働契約法第9条では、労使合意のない不利益変更を禁止しているものの、「変更した就業規則の周知」「労働条件変更の必要性」など6つの条件を満たせば、合意を得ずに変更できるとしています。

 

丁寧な説明や減額分の補償が重要

同一労働同一賃金に対応するためであっても、正社員の手当をむやみにカットすれば、批判やモチベーション低下を招きます。

 

納得してもらえるような丁寧な説明や、減額される分の補償など、企業側がいかに従業員の負担軽減のために工夫するかが重要です。

 

また、自社での対応が難しい場合は、外部の専門家にサポートしてもらいましょう。社会保険労務士法人アンブレラでも、皆さまをサポートいたしますので、気軽にお問い合わせください。

 

 助成金の相談はこちら