鹿児島市で助成金申請代行に強い社労士事務所 無料助成金診断は
こちらをクリック

【各地方で定年制の廃止が進む】石川県企業の事例

今回は、定年制の廃止について、石川県内の企業を事例としてご紹介します。

 

ぜひ、自社における高年齢雇用の参考にしてください。

 

大規模医療法人で定年制を廃止

石川県内で18の医療・介護施設を展開している社会医療法人財団・董仙会(とうせんかい)は、今年の7月に定年制を廃止しました。定年後もフルタイムで継続勤務でき、賞与も支給されます。

 

法人側には、安定した事業継続や、従業員の生涯賃金アップといった狙いがあります。

 

パーティションメーカーのコマニーでも

パーティションメーカー大手のコマニーでも、従来65歳としていた定年制を廃止。企業側が求める役割を果たせば何歳まででも働ける「シニア社員等雇用制度」を導入しました。

 

制度利用者の健康や意欲、スキルを踏まえて人事部が目標設定を手伝うなど、サポート体制も万全です。

 

各地方の企業で高年齢者雇用が進む

今年の4月、70歳までの就労機会確保を努力義務とした、改正高年齢者雇用安定法が施行されました。今回ご紹介したように、各地方の企業でも定年廃止や定年延長、再雇用制度などの導入が進んでいます。

 

まだ整備が進んでいない企業でも、さまざまな事例を参考にしながら取り組みを進めてください。

 

 

社会保険労務士法人アンブレラでは、高年齢者雇用に関するお悩みにも対応しています。相談料は無料なので、気軽にご利用ください!

 助成金の相談はこちら